2013年11月30日
晴れ


福岡roomsでコンサート。

tico moonと。

今日はお客様に近い会場で、2年ぶりの博多でしたので、真新しい気持ちで
フレッシュにお届けするべくサウンドを作ってきました。

ゆかちゃんのハープ、かげやんのギター、そしてグロッケンや鈴も。
空間世界を彩る音楽の、真ん中で歌うことができました。
tico moonのサウンドのなかで声を出すことは、新しくて懐かしい
いつか歌ったことのある場所にいるようでもあって、安心する心地になります。
一緒に行ったことはまだないのに、イタリアのどこか小さい街の教会で
演奏している風景にとけ込むようでもあります。

たぶんわたしに見えていた光景が、roomsにも広がっているような気がしました。
お客様の表情から。

そして今日は、ギターの西海さんが飛び入り参加してくれました!!!
大阪の夜に、かげやんにのりうつってはいたものの、ふらりと現れて盛り上げてくれました。
前半の秋の紅葉を思わせるtico moonの色彩の音から、後半は西海サンタさんのご登場で
クリスマスに向けてカラフルになってゆく音をお届けできたように思います。

いらしてくださった皆さま、ありがとうございました

こうして東京を離れても、同じ空の下、近くで音楽を奏でる仲間がいてくれることは
しあわせなことだな、とじんわり思った夜でした。
昨日roomsでは、栗コーダーカルテットがライブをやっていて、その気配や余韻も
この場所にフワーンとあったように思います。
近藤くんが舞台の袖に黒板消しを仕込んだから頭上に注意!とメールが来たけれど、
今日はまだ落ちてきませんでした ♪♪♪   




mimori





2013年11月22日
晴れ










今日もまたきれいな富士山を眺めながら大阪へ。









ビルボードライブ大阪でコンサートでした。
夕方と夜の2ステージ。

ギター西海孝さんと、tico moonのハープの吉野友加さん、そしてtico moonギターの影山敏彦さんとの
初めての編成です。









秋の気配のするベージュのようなサウンドになるのではないかしら、と
ちょっとドキドキしながらも楽しみにしていたライブです。
やはりこういう時は、ステージにのってみて初めてわかることがたくさんあります。

1stでは、新しいことに向き合う世界に旅に出て、2ndでその街角にたどり着いたような
そんな気持ちになりました。









今日は平日にもかかわらず、たくさんのお客様にいらしていただいてとても嬉しかったです。
そして新しいサウンドにじっくり耳を傾けていただき、最後には熱気がステージに寄せてくる
拍手をもらってほんとうにしあわせな気持ちになりました。
いらしてくださった皆さま、どうもありがとう

コンサートのあと打ち上げに行って、宴は盛り上がりました。









夜中のコロッケの行進。   





mimori





2013年11月21日
晴れ


とある原稿を書き終えて、散歩。









美しい夕暮れ時。









富士山もきれい。

遠くを眺めるひととき。
ただただ遠くを。

今日うれしかったこと
ナイトノイズのブライアンからCDが届いて、おもしろいカードと、
ブライアンがいつもレコーディングの時とか、コンサートで来日した時とか、
鞄やポケットからゴソッと出してプレゼントしてくれた、Cadburyの
細長いチョコレートが封筒の隅のスペースにきっちり入っていました。   





mimori





2013年11月18日
晴れ


散歩をしていたら、あけびを発見!









立派なあけびがたくさんです。
お家の方がお掃除していて、二言三言おしゃべり。

小さい頃祖父の家にあけびの蔓があって、実がなるとよく自転車に乗って
持って来てくれました。紙袋に入ったあけびを受け取るとき、おじいさんも
うれしそうな表情だったことをなんとなく覚えています。

「あけび」という曲は、そんな思い出の歌でもあります。









ソラミミ倶楽部の集いでは、ファンの皆さんからルームソックスなどのかわいいもの、
大森といえばなんですねメリーチョコレート、おせんべいやおまんじゅうや、
デビューの年である1988年のステキな赤ワインなどをいただいてありがとうございました。

いただいたプレゼント、思いが伝わってきてうれしくなったりじーんとしたり。
今日も眺めていました。   





mimori





2013年11月16日
晴れ


よく晴れた今日は、ソラミミ倶楽部の集いでした。

初めての会場は山王の住宅街の中にある緑がいっぱいの場所。














お庭もきれい。









スリッパでお部屋に入ると、天井が高く、窓の向こうに緑が見えます。









ステージはフラットで、お客さまと同じ高さ。
コンクリートの打ちっぱなしと、白い壁、Rの天井、木の床。
それらがなんともいいバランスで。そしてどことなく懐かしくて。














ソラミミストの皆さんにはもうお馴染みのユリオカ超特Qさんが
今日も司会をしてくださいました。









ユリオカさんの楽しいトークで会場は笑いに包まれて、わたしもついつい
いろんなことを喋ってしまいます。
和みの空間となりました。

そしてライブの前に、ギターの西海さんにもトークに参加してもらい
cafe mimoのことや、『VIOLETTA』のレコーディング話し、先日の渋谷公会堂での
25周年記念のコンサートでいきなりアンコールで物販コーナーでのご登場となった
ドキドキ!した話しなど、たいへん盛り上がったひとときとなりました。









その後、ライブコーナーはピアノを弾きながらギター西海さんとふたり、
何かどこかのお家にお呼ばれして歌っているような雰囲気で、いつもよりもお互いの音が
近くに聴こえるような、また歌に近しくなる感覚でした。

いつも応援してくださるソラミミ倶楽部の皆さんと、愉しいひとときを過ごした秋の一日。
いらしてくださった皆さま、ありがとうございました    





mimori





2013年11月11日
晴れ


友人が作ってくれたマカロン。









しっくり甘くて、小さいサイズなんだけどそれがまた絶妙の存在感。

ひとくち口に含めば、ああ、晴れ晴れとする。

蜜入りりんごのように半透明なシロップ感。

たくさん歌うのでその前に、紅茶とともにちょっと贅沢な朝のひととき。   





mimori





2013年11月10日
晴れ










デビュー25周年を記念した『ミモラマ』が発売になりました。

新緑の草原を思わせるようなグリーンと鳥の子色、金銀。。。
手に取るたびフレッシュでこんなにきれいな本を作ってもらえたこと、
スタッフの皆さんの心意気で実現してくださったこと、
こころから嬉しく思います。

箱入り、箔押し、布張りと、時代を逆行するほどの豪華さ。
ページをめくるのが楽しくなる、明るくかわいいデザイン。
この1冊に25年の大事な時間がギュッと詰まっています。

メッセージを寄せていただいた皆さま、対談をお願いした板橋恵子さん、
ほんとうにありがとうございました。

この本には、CDが付いています。
1996年5月14日の新宿にあったパワー・ステーション。
「東京プリン」と題されたちょっと実験的なライブから2曲。

寺田創一さんの弾ける色鮮やかなサウンドで、そのうちの1曲ではギターの大村憲司さんが
ゲストで参加してくださいました。

エンジニアは、デビューからずっとコンサートを支えてくれた夷喜生さん。
業界で一目置かれるカリスマで、わりと無口だけど笑顔のとても優しい方でした。
この日の音はラインで録ったDATの音源しか残っていませんでした。
そのままの状態でいければOK、というもの。

ちょっとドキドキしながら初めてDATを聞いたとき、骨太のくっきりとしたサウンドに驚きました。
なんとカッコイイ音!!
あの日のライブが舞い戻って。
夷さんの形作ったサウンドの世界は、涯てしなく広がる大きなものでした。
そして憲司さんのクリアでロックな、美しいギターの音が語りかけてくる。

ほんとうに素晴らしい仕事をしてくださっていたんだな、とあらためて思いながら
うれしいのに胸がシーンと少し苦しくなりました。
このライブの2年後、ほとんど1ヶ月違いで亡くなってしまった憲司さんと夷さん。
わたしにとってとても大きな存在だったお二人。
残念で残念で、悲しかった気持ちがまた思い出されたのです。

そしてあれから15年たった今、またこうして作品になったライブの音。励まされる音。
これから何かあっても、なくても、ふとした時にもわたしはこの2曲を聴くことでしょう。
そしてそこからまた歩き出すでしょう。

この音を聞くことになったのも『ミモラマ』を作ったからです。
そのきっかけをくれたこと、そしてこの素敵な本を作ってくださったことに、
企画・編集をしてくれた岩本晃市郎さんと、デビューアルバムからお世話になり
今回もデザインをしていただいた石川絢士さんにこころから感謝します。

そして大好きな歌を仕事としてここまで続けてこられたのは、夢を語りながら、
ともに何かを作り出す素敵な仲間がいてくれたから。

ひとつひとつの素晴らしい出会いに、ありがとう。   





mimori





2013年11月9日
くもり


新橋演舞場へ。









檀れいさんの出演されたお芝居「さらば八月の大地」を見ました。
昭和19年の満州にあった映画撮影所が舞台。

あの時代を生きた映画人のたくましさ、夢を見ること、ぬくもり。

檀ちゃんは中国の女優さんの役で、「蘇州夜曲」などで美しい歌声も
披露されてキラキラ輝いていました。









公演はまだまだ続くので、あんまり内容については書けませんが
最後のシーンで皆が明日に向かって歩き出すところ、ひとりひとりが
それぞれの道を歩き始めて、それはまた今の時代にもつながるような
生きてゆく人の姿でした。

お芝居を見ながら、いつもと違うこころの動きを感じられたひととき。
11月25日までの舞台、ご都合よろしかったらぜひご覧ください。   





mimori





2013年11月8日
晴れ


ひ・と・や・す・み。









緑に囲まれて朝。









秋の葉っぱ。まばら加減がほんとに絶妙ー。









美しいハーモニーのよう。
紅葉してますね。









ロープウェイに乗って。









空中散歩。









きれいな夕やけでした。









やっぱり、富士山が見えるとうれしいものですね。
言葉にはならないほどの、晴れ晴れとした気持ちになります。
美しかったー☆









今日も暮れてゆきます。   





mimori





2013年11月4日
くもり のち 雨


"ミモリアル ソングス"のコンサートのために作ったグッズは
パンフレットと、Tシャツ、メダル(キーホルダー)とひつじタオル。

Tシャツ。









アンコールでcafe mimoチームのバンマス楠さん、ギター西海さん登場のシーン。
パフォーマーのみんなとTシャツで横一列、おそろいで。
よみがえりますね、あの時間。楽しかったなー!
楠さんのかけている、西海さんから借りたサングラスの値札までくっきり見えてる!
色は、男子と女子2色ずつの4色展開。

寄って見ると、こんなデザインです。









パンフレット。









メダル。














これら3つは外間さんのデザイン。秀逸です。
パンフレットは、何度も読み返したくなるpopで楽しいデザインですね。
わたしも何度も手にしています。

そしてやっと今日ひつじタオルをゲット!しました。

仙台市天文台で昨年「ブルッキーのひつじ」を歌った時にドームに投影した
わたしの描いたひつじの絵が、ファンの皆さんから好評らしいとスタッフから聞いて、
では何か作ろうかな、ということで小さいタオルに刺繍で作ってみました。









手に取ってまじまじと見てみると、一枚ずつお顔がビミョーに違うみたい。
なんとも手作り感満載です。そういうのも含めて、刺繍って楽しい。

グッズは、何度作ってもできてくるまでドキドキしますね。
品物にならないとどうなるのかわからないことが多いですから。

渋谷公会堂では、グッズ売り場が長蛇の列でご購入できなかった方も多くいらっしゃったと
聞きました。わたしの友達も「買えなかったー!」と言っていました。
お手間を取らせてしまって申し訳ないです。
スタッフの方で何らかの方法を考えているようなので、決まりましたらまたお知らせさせて
いただきたいと思います。

余韻の続く"ミモリアル ソングス"です。   





mimori





2013年11月3日
くもり


東北楽天、優勝おめでとうございます!
日本一、おめでとう!!!

粘り強く、一丸となって戦っている姿は希望の光り。
明日につながる光り。

こころから、ありがとう!   




mimori





2013年10月27日
晴れ


昨日までのお天気とは打って変わって晴れ。
青空に恵まれて渋谷公会堂に入りました。









楽屋口からすでにたくさんのスタッフの方々が迎えてくれました。

今日はデビュー25周年を記念したコンサート"ミモリアル ソングス"の日。
歌をこうして仕事として続けて来られたことを、今年は1年を通して
さまざまな場所で、お会いする方々からたくさんの言葉をいただいて
しあわせに思いながら駆け抜けてきました。

そして今日のコンサートを目指して、スタッフ&メンバーとともに準備をしてきました。
ここまでの道程、参加してくれた皆さんに感謝しています。
その道中の、演奏したり考えたり笑ったり話したり踊ったり、さまざまな表情のみんながこころの中に。
そして自分の心持ちやひらめきや、声と言葉と。
そのすべてでもって、進んできたのだな、と思います。














渡辺等さんを中心としたバンドメンバーとのセッションは、リハーサルするたびに
くっきりと進化する音の波にいつも刺激を受けていました。
今堀さんの美しく洗練された音色、かっこいいギター。
佐野さんのドラムにこころ踊らせてもらって。
シュンスケ君のキーボードは、やさしくてpopで。
本番では、まっ白な気持ちのままサウンドに乗って歌っていました。

パフォーマーのみんなと音楽にのって踊りながら、もうひとつの世界を形作るのは
とても楽しくて、ずっと踊っていたかった。
白神ももこさんとの色々なやりとりの中で、アイデアも広がり、
今回は新しいかたちでステージを作っていくことができました。
ももちゃん、ありがとう!
井上くんの伸びやかな高揚感に包まれるダンス。
木綿ちゃんのやわらかな動きは明るい歌のよう。

スペシャルゲストの栗コーダーカルテットの皆さんとのセッションでは
渋谷公会堂のホールに響くサウンドに、すっかり心地よく歌わせてもらいました。
栗原さん、川口さん、近藤くん、関島さんの輪に入れてもらって歌っていると
どこまでも行けそうな、そんな大らかな気持ちになります。
隣りの近藤くんとは、デビューの頃のツアーでギターを弾いてもらっていて
横並びでいると、感慨深く、うれしくなって。
時が流れても、音楽をともにできることにイェイ!って思います。









リハーサルの時。写真は『VIOLETTA』のジャケットも撮ってくださった上飯坂一さん。
「0丘」ですね。

楠さん、西海さんとcafe mimoなひとときを過ごせた事もサイコー!でした。
「ラジオスターの悲劇」を、3人で渋谷公会堂で歌いたかった。
積み重ねてきた時間はたしかなもの。
パフォーマーのみんなも楠さんの踊りに触発されたり(!?笑)して
リハーサルから大盛り上がりでしたから、今日は本番前で初めて
みんなで踊ってすごーくいい感じで。
お客様にもきっと楽しんでいただけたことと思います。

Watusiさんにベースを弾いてもらってステージで歌うのは久しぶりでしたが
愛ある演奏に、やっぱりじんわり&熱をもらいます。東芝時代、Watusiさんがバンマスの
冬のライブハウスツアー。オープンゲイツのメンバーと激しくお届けしたステージでは、
楽屋に戻る通路でみんなの頭や肩から湯気が立ち上っていたことを、今もくっきりと思い出します。
いっぱい話して、いっぱい笑って、いざという時は駆けつけてくれる。
今日一緒に渋谷公会堂で過ごせたこと、ほんとにうれしかった。

「0の丘 ∞の空」を外間さんとオクターブユニゾンで歌ったとき、駆け抜けてきた25年に
リボンをかけてもらったような、何か光りの束が射してくるようなそんな感覚になりました。
大学生の頃に出会って、デビューしてからはプロデューサーとして支えてくれました。
『瞳水晶』が出るまでもいろんなことがあって、やっと辿り着いたデビュー。
夢を語って、歌いながら歩いてきた日々。オクターブユニゾンはあの頃のことまでも
遡りながら、また八の字を描きつつ舞い戻ってきて、ひょいっ!とぴったり着地するのでした。
外間ちゃん、ずっとありがとう。
そして『VIOLETTA』の素敵なデザイン、ありがとう。

今日は、全国からたくさんのお客様にいらしていただいて、
"ミモリアル ソングス"をご覧くださり、こころからありがとうございました。

そしてずっとともにステージを作ってきたスタッフの皆さん、当日の限られた時間での準備を
見事に整えてくださり、ステージに立たせてくれてありがとうございました。

25年の記念となるステージ、こころにしみ込みました





mimori





2013年10月14日
晴れ


朝、大学時代の友達から「渋谷公会堂に向けて体力つけて!」と立派な笹の葉にくるまれた
松坂牛が届いて、25周年のお祝いが書いてありました。
いつも気にかけてくれる友達。
ほんとうにありがとう。栄養付けさせてもらいます。
支えられているな、と思います。

そして夕方、地元の友達姉妹がお花を届けてくれました。









渡したい物がある、と言って持ってきてくれたすごーくかわいいお花。
モール好きのわたしのテンションが上がる、ピンクと赤のモールで作られた25の文字!
秋色の優しげな花が散りばめられて、なんてキュート!!
なかなか会えなくて話せなかったけど、短い時間で喋って喋って笑って。

リハーサル続きの毎日に、ひと息つくひととき。
今日は、そんなうれしいことが続いた日でした





mimori





2013年10月12日



高畠ワイナリーの「秋の収穫祭」に、鈴木重子さんとのユニットで
歌ってきました。

今日は、あいにくの雨模様。
何度も伺っている高畠ワイナリーですが、雨のステージは初めてでした。

ステージ上はビニールのテントが雨を凌ぐような状態でしたが
広場ではお客様が傘をさして、中には傘をささずに、ワイン片手に
たくさんの方が見てくださいました。

重子さんと歌いながら、歌い進めてゆくうちに、会場はだんだん
盛り上がってゆき一体感のようなものを感じることができました。
ギターの笹子さん、アコーディオンの佐藤さんが盛り上げてくださいます。

ユニットならではの踊りをおどると、ボックスの動きに
おじさんがご機嫌に真似して踊っているのが見えたり、
なんとも有り難い、やわらかな空気のステージとなったのでした。

いらしてくださった皆さま、ありがとうございました。

そして高畠ワイナリーのスタッフの皆さん、きょうもまたお会いできて
とても嬉しかったです。ありがとうございました。









重子さんと帰りの電車で、高畠ワイナリーでいただいたワインを
飲みながら打ち上げ(?)をしました。
今日のステージを振り返り、お客さまのあたたかさにしみじみとした
帰り道でした。





mimori





2013年10月7日
くもり


今年は写真家の植田正治先生の生誕100年。
それを記念した行事もいろいろとあるようですね。
わたしはひと足お先に、去年出雲で先生の展覧会の会場で歌わせていただきました。
もうあれから1年ですね。

10月の終わりから「うえだ好き」という写真展が、鳥取の植田正治美術館で開催されます。
わたしも参加することになり、写真とエッセイを提出しました。

名だたる写真家の方々、デザイナーの方、役者さんが勢揃いされていて、ミュージシャンは
わたし一人のようです。ちょっとわわわっと緊張してきますが、正治先生とご一緒した
楽しかった時間を思い出しながら、写真を選んだり、文章を書きました。

10/30〜11/30までで植田正治美術館D展示室です。
行けるかなぁ。行きたいな。

お近くの方は、ぜひご覧くださいね。




mimori





2013年9月29日
晴れ


今週は、名古屋と大阪でキャンペーンがあったり、今日はつくばで“縁絆〜東日本大震災
つくば竜巻災害支援フェス”のチャリティーコンサートがあり,‘みやぎびっきの会’のメンバーとして
参加するため昨日からホテルに泊まっていました。

今月は仙台に5泊したりとホテル暮らしが続いていて、どこがどこだかだんだんよく
わからなくなっていたのは確かです。

今日はとても良いお天気でまだぼーっとしながらお部屋にいたら、スタッフのSさんから電話が。
「みもりさん、地元のヨーグルトを届けたいからお部屋番号教えてくださ〜い」と言われました。
そして「906ですよ」とすらすら答えたら、また電話がかかってきました。
「その階ないんですけど。。。」といわれてびっくり!
ぜんぜん違う番号を言っていました。

ヨーグルトはとてもおいしかったです。
あぁ、びっくりした。

今日は仮面ライダーのショーもあったり、ちびっこがたくさんで、ご家族連れの方が多かったようですね。
びっきのステージの時間は、もうすっかり暗くなってしまってそしてお昼間とは打って変わって
すごく寒くなったのですが、たくさんのお客様が最後まで熱心に聞いてくださいました。
つくばから東北へ思いをつないだひとときでした。
いらしてくださった皆様、ありがとうございました。









昨夜のリハーサルの時。
かの香織ちゃんが撮ってくれましたー☆





mimori





2013年9月21日
晴れ


TOKYO FMの「Good Luck LIVE」に出演して、生放送のライブをお届けしました。

いらしてくださった皆さま、熱い声援&応援をありがとう☆
とてもいい空気感で歌うことができました。
きっと全国で聴いてくださったラジオの前の皆さまにも、その雰囲気は
伝わったことと思います。

『VIOLETTA』のリリースタイミングで、みんなとスタジオ ライブで盛り上がることができて、
とても嬉しかったです。









ライブが終わって、みんなでビールでカンパイ!しました☆
カンパイの音頭をとりました♪





mimori





2013年9月20日
晴れ


久しぶりのインストアライブ。
銀座山野楽器にて。

お店に行く途中、知り合いの仲居さんとバッタリお会いして
「渋谷公会堂行きますー!」って満面の笑みで言ってもらいました。
元気も分けてもらったような、そんな気がしたとってもうれしいひとときでした

今日は金曜日で、お仕事帰りの方もたくさんいらしたと思います。
山野楽器にいらしてくださり、ありがとうございました。

ギター西海孝さんと二人で、さらさらと流れる川のように、声を合わせて
どこか静けさを通過した先の楽しい場所で音楽を奏でました。




mimori





2013年9月15日



「銀河歌集 Vol.4」2日目。









今回は"仙台 七夕"をテーマに作ってゆきました。

オープニングで「七夕おどり」をかけましたが、袖で聞いていても
子どもの頃の懐かしいお祭りを思い出しました。
仙台で育った人にはなんとも心躍る一曲です。
仙台ではない方は「あれ!?今日は誰のコンサート?民謡のコンサート?」と、
一瞬思われたかもしれませんね

音楽は、時間を越えてその歌の世界がもつ思い出の場所へと誘ってくれるものですね。
わたしの作る音楽も、聞いてくださる方にとってそんな役割もはたしているのでしょうか。
今日のステージが、皆さんのこころの中でキラキラ光る星のように、何か美しいものと
ともにいつか思い出してもらえたら、とてもうれしく思います。









ギターの近藤研二さんと二人で演奏していると、日々変化してゆく音楽が
手に取るようにわかります。お互いにステキなステージを目指して奏でる、
それがデビュー当時も一緒にツアーを回った近藤くんだからこそ、幼なじみのような楽しさ、
そして新鮮な気持ちで、今日も歌いました。









ファンの方々からを散りばめたようなお花をいただいて、
どうもありがとうございました!

初の2デイズは、やはり回を重ねることで少し先まで出掛けることができたように思います。

いらしてくださった皆さま、ありがとうございました





mimori





2013年9月14日
晴れ


仙台市天文台で「銀河歌集 Vol.4」のコンサート初日。

最初の年から今まで積み重ねてきたものをつなげるように準備してきたステージ。
今年は初の2回公演ということで、また新たなアイデアも盛り込んでお届けしました。

今日もまた、全国から仙台へいらしてくださってありがとうございます!
こうして故郷でスペシャルなコンサートを見ていただくことができて
とても嬉しく思います。

天文台のスタッフ、仙台のスタッフの皆さんと作り上げてゆく舞台。

仙台から見上げる宇宙の、そして歌の世界。

はてしなく広がる思いをのせて、明日もまた歌いたいと思います。










mimori





2013年9月12日
晴れ


仙台駅でゆるキャラに見送られて栃木へ。









今年、23年ぶりに栃木でコンサートをして、それからすぐにまた今日は
宇都宮キャンペーンができること、うれしいご縁です。
番組や新聞で、じっくりお話しさせてもらいました。
お会いした皆さま、ありがとうございました。

栃木放送の「Rie's Deli pop-J」の松井里恵さんと。









学生の時にわたしのアルバムを聴いてくださっていたそうです。
うれしいですね!スタジオに入った時から帰る時まで、ずーーっとお喋りしていて、
気づいたら、太極拳いいですよ、とわたしが松井さんにオススメしていました。ふふふ。

そしてRADIO BERRYでは特番でたくさんお話しさせていただき、
その後、岡田眞善さんの「B☆BOX」生放送でまた盛り上がりました。
スタッフの方が窓の向こうで大笑いしていました 笑。
そうして帰るとき、前回もそうだったんですけど、タクシーが見えなくなるまで
手を振ってくださって。あたたかな気持ちで局を後にしました。

25年で、初めてお会いする方がたくさんいらっしゃいます。
また新しい扉が開いてゆくようです。




mimori





2013年9月11日
晴れ


『VIOLETTA』の発売日に、仙台にいます。
25周年は、なんだかとても節目を感じるもので、こうして故郷にいられることで
またその意味をわかり始めるような、そんな気がします。

たくさんの番組におじゃまして、取材もありました。
お会いした皆さん、ありがとうございました。

今日最後の仕事は、Date fmの「FLICK MOTION」という番組。
パーソナリティーは、Jリーガーだった"ミスター・ベガルタ仙台"の千葉直樹さん。









クリスロードで流れているわたしの曲「いつも同じ瞳」の話しをしてくれて、
あの歌は仙台の人はみんな知ってますよ、買い物しながらずっと流れていて、
とBメロのところワンフレーズ歌ってくれました。
番組の中ですらすらっと歌ってくださった方は初めてで、とても嬉しかったです。

いろいろな出会いがあって、毎日がフレッシュでとくべつなものになってゆきます。
「poetry days」の"poetry days 一日ずつ とくべつな毎日"を口ずさみながら
また明日もがんばります





mimori





2013年9月5日
晴れ


近藤研二さんと、天文台のリハーサル。

仙台市天文台のスタッフの方とのやりとりも進めながら、音に置き換えてゆく。

Vol.4、おもしろいものになりますように。










mimori





2013年9月1日
晴れ


今日は、石嶺聡子さんを誘ってサンドウィッチマンの単独ライブへ行きました。

2時間、笑いの渦のなか。
サトちゃんと並んで笑って。
なんだかとってもこころが軽くなったのでした。
いつもと違うモードになれました。

いろんなアイデアが散りばめられていて、すごく楽しかったです

ツアーは、まだまだ続くのでネタは言えませんけれど、靴屋さんと、
卵のところが好きでした。それからおにぎりみたいな頭のところは、時間がたって
甦ってくるようなインパクトですね。









お笑いの方々に囲まれてますー!(喜)

終わってからお二人にお会いしました。そして来年のカレンダーをいただいて。
お相撲さんのカッコをしたお二人の写真。しかも!わたしの好きな豊ノ島関の化粧回しを
付けています。
どこに貼ろうか考え中です。





mimori





過去の日記を読む 2016 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2015 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2014 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2013 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2012 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2011 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2010 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2009 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2008 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2007 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2006 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2005 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2004 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2003 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2002 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |