2007年5月30日
晴れ


サンポーニャの瀬木貴将さんプロデュースのコンサート
「フレンズ2007」で歌いました。

福岡の飯塚という街で、ここは炭坑があったんですね。
それからお菓子の老舗がたくさんあり、「ひよこ」って東京の
お菓子だと思っていたら、もともとは飯塚なのだそうで。
さかえ屋は今日お休みだったので(お菓子情報ありがとう)、
千鳥屋の本店でかわいい缶入り「チロリアン」とか、
「千鳥饅頭」を買いました。
袋に「チロル高原名菓チロリアン」とあって、
チロル好きとしては(チロル堂もあるし)見逃せないかんじ。
チロル高原、飯塚にあったんだ。。。うふ。

今回のコンサート、瀬木さんをはじめ、ピアノの佐山雅弘さん、
ジャズ・ヴァイオリンの寺井尚子さん、尺八の藤原道山さん、
堂島孝平さん、バンドに村上ポンタ秀一さん、ギター越田太郎丸さん、
ベース坂本昌人さんというすごいメンバー!
初々しさと熱気が漲るスペシャルなコンサートになりました。
参加できてほんとにうれしかった。
ポンタさんが「クロ」と「オレンジ」を叩いてくれて、やっぱり
高揚感の渦のようなものと、安心感を同時にもらった。
しあわせだな。瀬木さんと堂島君にも入ってもらって、
伸びやかで明るいサンポーニャの響きと、ギターと堂島節で
「クロ」をちょっと歌ってもらったり、とても贅沢なのでした。
「蘇州夜曲」は佐山さんの美しいピアノと道山さんの
やわらかで透き通る尺八の響きで、初めての共演じゃない
みたいな波を感じました。

会場には平日にもかかわらず、たくさんのお客さまにいらして
いただいて、ありがとうございました!
夢のような飯塚の旅でした。










mimori




2007年5月26日
晴れ


5月ももうそろそろ終わり。
今月はけっこういろんなところに出掛けてもいました。









高畠ワイナリーのコンサートの感想メールを
たくさんいただいて、遅ればせながら
ありがとうございました。
読むたびに、あの日の青空と、ピアノの席から
見えていたみんなの笑顔(ほんとに!芝生の
上でみんな笑ってた!なんかふわーんと。
ワインも手伝ってた?)が思い出されます。
すごくいい雰囲気だった。
「雪の降る街を」は大好きな中田喜直さんの作品。
曲作りのイメージを広げるために訪れた
山形の景色を思い浮かべながら作られたそうで、
それを知って歌いたくなり選曲しましたが、
あのあまりにもいいお天気の日に外で歌ったのは
季節を先取りとかミス・マッチとか、どの言葉も
全然あてはまらないくらい飛んじゃうかんじ、でした。
でも音楽って聞くもので、目には見えないのに
空間を作ってしまうのってすごい。
と、やっぱり前向きに捉えてしまう。。。

こんどの30日は、福岡の飯塚コスモスコモンで
コンサートです。ここもすてきなところだそうですね。
お近くの方はぜひいらしてください!
サンタの瀬木さん、cafe mimoに出てくれた堂島君、
ポンタさんにもお会いできるので楽しみ楽しみ!!




mimori




2007年5月19日
くもり


スタジオに入ったあと、
ライブ・イマージュへ。

ゴージャス!
次々とすばらしいミュージシャンが出られて、
イマージュ・オーケストラも美しい響き。
映像もリンクして贅沢なめくるめく3時間半(以上)だった。

羽毛田さんアレンジの「ラプソディー・イン・ブルー」
はしびれちゃったし、葉加瀬さんの曲「エトピリカ」の
羽毛田さんとの共演は、すごかった。ライブの醍醐味
ビシバシ。

ゴンチチは、袖から歩いて出られたときから和ませてくれる。
楽園へ連れて行ってくれる。
三上さんのイマージュ・ビルの構想はすごくリアルに
メンバーの彫刻などが見えてくるようなかんじで。
わたしも地下のゴンチチの牧場でイノシシとたわむれたい。
ジャケにも写っているあのイノシシ。

楽屋で等さん、柏木さんにも会えたし、
なんだかとても、エナジーをもらった夜だった。




mimori




2007年5月13日
晴れ


ほんとうに気持ちのいいお天気のこの頃。
一年で一番いい季節かもしれない。
緑もどんどん育つ。









今は打ち合わせやいろいろ準備の日々。
イメージを広げて広げて、伝えて、受けとって。
頭だけで考えたくない。

夜、オープンテラスになっているお蕎麦やさんで
dinner。少し肌寒かったけど、知り合いの人が
働いていて膝掛けを貸してくれたのでばっちり。
どんなときでも風邪は引きたくないし。
なんて気持ちがいいんだろう。
外でお蕎麦食べるのって。
虫もまだ少ないし、古い日本家屋の広いお庭で
最高だな。

お相撲が始まって、でも栃東関がいないと
やっぱりさみしい。正直なところ。




mimori




2007年5月7日
晴れ


栃東関、引退。

お相撲の伝統や心意気を受け継いで、
粋な世界を見せてくれた大関。
記者会見やインタビューも
やっぱりすてきだった。

栃東関、お疲れさまでした。




mimori




2007年5月5日
晴れ








起き抜けに、女の子達でにぎわっているかわいいお店で、
白玉ぜんざい。アルストロメリアがいいかんじ。

山形の高畠ワイナリーでミニ・コンサートをしました。
とてもいいお天気で、噴水もあるワイナリーの庭の、
芝生に座って聞いてもらう、という贅沢な空間。
ワイン片手に、という方もいらっしゃるし、休日の
しあわせ感あふれるかんじで、わたしもゆったり
楽しませてもらいました。

久しぶりのピアノ・ソロ。
青い空を見ながらのソロは、初めてでした。
ふっと深呼吸のときに空が見えるっていうのは、
何か救われるというか、果てしなく呼吸できるような
そんな感覚。
背中が日のひかりであったかくてそれもよかった。

若いスタッフの方が多くて、高畠ワイナリーはとても
フレッシュな明るい雰囲気でした。
いただいたワインはそんな感覚に通じるような、しゃきっと
くっきりした味わい。休暇小屋気分。。。
ワインと音楽ってやっぱり相性抜群!と2日間おじゃまして
また実感。

いらしていただいた皆さま、ありがとうございました!
楽しんでもらえましたか?

会場ではいろいろとやることがあって、あっという間に
時間が過ぎてしまい、写真を撮るのを忘れてしまいました。
それだけ充実してた時間ってことでもあるけれど。
あののどかな広々とした空間は、なかなか一枚に
収めきれないし。

お昼に連れて行ってもらったおそば屋さんは、古い民家を
お店にしていて、緑の中の一軒家。落ち着く空間で、
さらっとおそば。お漬け物と山菜の炊いたの。
山形はおいしいものもいっぱい。

















mimori




2007年4月26日
晴れだんだん曇り


もうすぐ、ゴールデン・ウイーク。
いつもあれあれ、という間にやってきて、すぅっと過ぎて
ゆくゴールデン。ミュージシャンにとっては。

今年は5月5日に、山形の高畠ワイナリーで
ミニ・コンサートをします。お近くの方はぜひ遊びに
いらしてください!遠くからの方も、よかったら
ぜひぜひ!!お待ちしています!
野外ステージで、お昼間なので、きっと緑を深呼吸するような
(わたしも、あなたも)そしてほんのりワインの香りにうっとり、
そんなコンサートになるのでは?
ワインが好きだし、今回お招きいただいてうれしい。

そうそう山形で歌うのは、ナント初めて!!
キャンペーンや"俳句王国"でおじゃましたことはあるのですが。
大学のときの友達もみんなそうだったけど、べっぴんさん!
の街ですね。さくらんぼとか果物がおいしいし、空気にも
ビタミンCが含まれていたりして?

どんなコンサートになるのか、楽しみ。
一声目は、どんな響きになるかな。




mimori




2007年4月15日
晴れ


京都のつづき。

帰る前にちょっとお買い物、と思って
フィンランドのものを扱う好きなお店にいってみたら
つぶれてた。。。
ものすごくがっかり。
力が抜けて、それでも気を取り直し、鳩居堂に行ったら
お休み。。。
ダブル・ショック、と思う間もなくめまいがしちゃって
スマートで休みました。とほほ。








スマートのプリンがあまーくなぐさめてくれた。




mimori




2007年4月14日
晴れ


勝喜代さんが踊られるというので、京都へ。
上七軒の"北野をどり"の前夜祭に行きました。
桜がまだ残っている京都は、穏やかに晴れて
歌舞練場のまわりは華やいだ雰囲気。
入り口で舞妓さんを見かけたり。
いにしえ、な気分。

勝喜代姐さんは、最長老の芸妓さん
(80歳ちかくと聞いてます)。
花道からすたすたすたーっと身軽に登場されるし、
お肌はつるつるでぴかぴか。
踊りのクッとこう、きめのポーズがかっこいい!
見とれてしまった。
芸事の深い深いところを見せてもらった。

歌舞練場のなかは緑がいっぱいで、池や小さな橋が
あるし、お団子を売っている茶店があったり
大好きな空間。深呼吸。

フィナーレで芸妓さんと舞妓さんが勢揃いで踊った
"上七軒夜曲"は、桜吹雪で春爛漫の舞台。
最後のお辞儀がふわんふわんと、左右にしなう
なんともかわいらしいものだった。
日本の春を満喫。









mimori




2007年4月12日
晴れトキドキ曇り


やっぱりどうしても見たくて、
ローザスのダンス「Desh」の公演へ。

一人旅でベルギーを訪れたときも、運良くローザスの「KINOK」を
見ることができて、そのときの劇場への道すがらだとか、椅子に座って
いたときの気分だとか、ほんとに些細なことまで思い出した。

振付家で芸術監督、アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルの世界が好き。
言葉としてのダンス、螺旋が好きなとこ、がらんとした静けさからの挑発、
翻弄される連続性。
同世代の女性としての共感も。





mimori




2007年4月8日
晴れ


あまりにもいいお天気。
久しぶりに友達とランチ。
その後、散歩。


















これもまた、お花見。





mimori




2007年4月1日
晴れ


今日はcafe mimo最終日。
思い返してみれば、今年はリハから一貫したものが
最後まであったように思う。ある種の高揚感のようなものが。

かの香織さんをゲストにお迎えしました。
学生のとき家に泊まりに来て遊んでいたはなしなど
MCでしたけれど、かおりさんと一緒だとあっという間に、
学食で話してた頃のノリになっている自分がいます。
なんか安心なんだな。
コンサートのなかでも、“Pie Jesu”を教会風にデュエットしたり
"クロ"を歌ってもらったり、かおりさんの"ばら色の人生"で連弾
したり、いろんなことをしていても、それがとっても自然に
できてしまう。
ながーいおつきあいがうれしいこの頃です。
ありがとうね、かおりちゃん。

知り合いの人のお店から借りて来た鈴&3人でアカペラ・コーラスで
お届けした"森の小径"は、今日で終わってしまうのが
もったいないほど。
もっと歌い込んでいきたいなー。最後のキメ・ポーズも含めて。

軽やかに、その時ひらめいたことをやってみる、というのが
cafe mimoのウラテーマみたいなものでもあり、それは広げてくれる
楠、西海両氏のキャパシティーの大きさと、新しいことをおもしろがって
くれる子どものような探究心に支えられています。
くすちゃん西海さんほんとにお疲れさまでした!

今日はニーノ・トリンカ上田さん、チェン・ミンさんもいらして
くださっていて、今回のステージを見てもらえてうれしかった!

終わって、みんなで話しをしていたら名残惜しい雰囲気に
フワーっと包まれました。
じーんとしました。

いらしていただいた皆さま、ありがとうございました!




cafe mimoセブン写真館。


初日



左から西海さん、堂島孝平さん、mimo、楠さん。




2日目







寺田創一さんと。




3日目



ゴンザレス三上さんと。




千秋楽



かの香織さんと。





mimori




2007年3月31日
晴れ


今日から草月ホール。
帰って来た!という気分はcafe mimoならでは。

今日はゴンチチの三上さんがゲストです。
なんと!おとといカナダから帰ってこられたばかりで
ソロ・アルバムをリリースされるお忙しいスケジュール
のなか、いらしていただけるなんてほんとにしあわせ!!
楠さんも西海さんも、三上さんと、三上さんのスタッフの
みなさんとも和気あいあいで楽しそう。
いいムード。

開演前フルートのmiyaちゃんが顔を出してくれて、メイク
してもらいながらもちょっと話せてうれしかった。
彼女も今夜8時半からステージだったのですが、駆けつけてくれました。

スタッフの愛をステージのそこでもここでもたくさんもらって
歌をうたっている。

三上さんとのコーナーは、なんともいい雰囲気で、トークも
いつもなかんじでおしゃべりできてもっと話していたいほどだった。
「DAISY/DAISY」、海風を感じる清々しいサウンド。
「うわー最高ー」と心のなかで叫びながら歌うことを楽しんだ。
「課外授業」は大好きな曲。
三上さんのギターを聞いていると、ゆるむ。
それは声が楽に出るようになることで。
「ヤドカリ」も「leaf」ものせてもらった。
カナダの前に行かれていたベトナム旅行の話しは、衝撃的なおもしろさで
お客さん爆笑!さすがです、三上さん。

今回久しぶりに「恋かしら」をやってフラを踊っています。
楠さん西海さんも踊りたい!ということで、じゃ来年は3人で踊ろう!!
とステージ上で盛り上がっていたら、終演後見に来てくれていた
羽毛田さんが楽屋に入るなり
「二人は踊らなくていい!」と言って、みんなで大笑い。
フラをほめてもらう。おいしいムースをいただいてうっとり。
ツノちゃんも来てくれて、一緒にしばし和んだ。

明日は千秋楽!





mimori




2007年3月17日
晴れ


大阪で久しぶりのcafe mimo。
花粉症はきているけれど、今年は
調整がうまくいっている気がする。
やっぱり、セブンともなれば。。。なんか
縁起がいいし、新しい道も見えてくる。
ひたすら歩いてゆくのみ。

今日のゲストは寺田創一さん。
「モンキーターン」好きだなー。
歌うたびに新鮮だし、透き通った世界が見えてくる。
それはきっと、寺田氏の音楽とか創意への
純粋な気持ちのあらわれなのだろう。
"はぁ〜ぁ"って民謡みたいな歌い出しだから
ということではなく、日本人を実感させられる音楽。
なぜかな。しかも、外国から見た日本というよりは
日本人が外側からみた日本、そんな感覚。
「モンキーターン」は、ぐっと声量が上がる。

百戦錬磨の楠氏&西海氏に感謝。
みんなで波に乗って、次は草月!







マネージャー水上氏の差し入れ、湯布院のお菓子、
ぷりんどらと寺田君。
どらやきの皮にちゃんとカラメル・シロップのついた
プリンがはさまってて、こうばしく、甘く。。。
めづらしたのし味。





mimori




2007年3月7日
晴れ


「リトル・ミス・サンシャイン」を見る。
笑ってじーんとして、また笑って。
途中大笑いで笑いが止まらなくなって
どうしようか、(記憶に残る大笑いって
いくつかあるけれど、これはかなり上位に
記録されそう)と思ったほど。

こういう映画が、ほんとにカッコイイ!と思う。
気分爽快!

さて、春の庭はー。





黄色のクロッカスが先に咲き始めます。






白はおっとりしてるみたい。





mimori




2007年3月3日
晴れ


さあさあ、cafe mimoオープン!です!!

今年は白金の庭園美術館から始まりました。
このあたりは、デビューの頃からお世話になっていた
とあるお店があったりで、割と定期的に訪れていた街。
この美術館にも時々エキシビジョンを見に来たり
わたしにとっては身近なかんじのするところ。

でも、その美術館の奥にこんなすてきな場所があることは
知りませんでしたね。昔のダンスホヲルにもなりそうな
広々とした上品で楽しげな空間のお部屋。大きな窓の
向こうは緑のお庭が広がっています。
彼岸桜がもう咲いていました。

楠さんと西海さんとのアンサンブルが、今年は迷いもなく
自然の流れのままいい方向へいっているのをリハーサル
から感じていて、うれしいなぁ、としみじみ大事に味わって
いたのですが、今日はそのスパークする瞬間を楽しみました。
楠ちゃん&西海さんありがとう!

女子の日ということで、北は北海道から南は九州、沖縄まで
みんな駆けつけてくださってどうもありがとう!
今年もお着物の方が多くて、やっぱりかわいくてはなやか。
おひな祭りの気分を盛り上げてくれました!
わたしもいつか着物で、と今ふっと考えたりもしたけど、
ピアノ弾いて歌うのはなかなかに険しそう。。。袖のバサバサが
マイクにのっちゃうだろうな。
昔の人は着物で弾いてたんだろうけど。でも袖よりも帯のほうが
深く呼吸するときたいへんね。

今日のゲストはプリンス!堂島孝平さん!楽屋から楽しくて、
みんなでなごみつつ、ステージでは彼のpopで洒落た音がパーンと
花開き、爽快!
アンコールでcafe mimo手ぬぐいをみんなで巻き付けたり
したのですが、堂島君だけパリっぽく、スカーフみたいに見えて
さすがです。
堂島君ありがとう。いいかんじでセッションできて、
5月の瀬木さんプロデュースの福岡のコンサートも楽しみです。

初日が無事に終わって、弾みをつけて大阪行きますよ!





mimori




過去の日記を読む 2016 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2015 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2014 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2013 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2012 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2011 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2010 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2009 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2008 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2007 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2006 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2005 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2004 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2003 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2002 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |