2006年11月29日
晴れ


U2サイコーゥ!
今日見られてよかった。。。





mimori




2006年11月28日



秋といえば、やっぱり紅葉。


























mimori




2006年11月26日
晴れ


東北電力グリーンプラザ、アクアホールでコンサート。
今日は私の母校、常盤木学園高等学校音楽科の後輩が
オープニング・アクトで参加してくれたうれしい日でした。

懐かしい制服姿の後輩に囲まれていたら、自分もその一員に
戻ったようなそんな気持ちになりました。
ソロもあり、コーラスも。合唱は大好きだったから、わたしも
ソプラノに入りたかったわ!
高校時代はいつも何か演奏会や試験が控えていて、今思えばとても
貴重な体験をたくさんさせてもらった学生生活でした。
そのときは忙しくてただひたすらに次へ進むことだけだったけど。

西海さんと二人のステージは、会場の雰囲気も相まって
落ち着いて音を楽しむかんじになったと思う。
ピアノを弾きながら、"あーかっこいいなーそのギターのフレーズ"
って何度も思った。
やっぱり、バス停でバスを待っている人のような表情で、すてきな
フレーズを弾いてくれます(力が抜けているっていうことね)。

アンコールで、"川"を常盤木生と歌いました。
今日のためにコーラスアレンジした5声のスペシャル・ヴァージョン!
今日だけの響き。
こんなふうに今わたしが後輩達と歌えるチャンスをくださった方々に
感謝します。そして参加してくれたみんなありがとう。
来てくださったみなさまありがとうございました。
お世話になった先生方にもたくさんお会いできてうれしかった。

高校生だったあの頃のわたしが、今日のような日がくるなんて
想像もしていなかったと思う。









mimori




2006年11月24日
くもり


西海さんと軽快にリハーサル。
凝縮された時間。しかも軽やかに。
いいかんじだった。

山本容子さんの展覧会を見に行った。
大人の女性のかっこよさとともに、乙女心もくすぐられる作品に
明るい気持ちになる。
ジャズやパリやいくつかテーマがあったのだけど、
そのなかにケルトの民話というのがあった。
ケルトつながりを感じてときめく。
ピンクサンドストーンという淡いサーモンピンク色の石に
線で刻まれた作品で、多くを語らぬ和の空気も感じたりした。
美しい作品だった。





mimori




2006年11月23日
くもりのち雨


クリスマス・コンサートの記事を見たと、スタッフで
お世話になった女性から連絡が来て
"ジャズ歌うんだね"と言われた。そして
"子どものためのコンサートでしょ?"とも言われて、あれあれ?
なんだか伝言ゲームみたいなことになっている!とびっくり。
情報がミックスされてしまっている!
Premium meets Premiumと題された今回のコンサートは
2日間のくくりで、わたしがアコースティックのクリスマス・コンサートで24日、
そして25日がKids meet jazzというジャズ・ミュージシャンの方々が演奏される
子どもも楽しめるジャズの日なのです。
そんなことがあったと外間さんに言ったら、外間さんも
そう思っていたらしく、これはここに書いておくべきかなと。
ジャズは歌う予定はないんですよ。
それとも歌ったほうがいいかしら???

ナオヤマさんのおみやげ、うさぎやのどら焼き。阿佐ヶ谷の。
うさぎやはお店によって,甘さが違うよ、ここのは甘さひかえめなかんじ、
ということで、確かにすっきりとした甘味のどらでした。
もちもちずっしりの手ざわりにほっとする。
この包みがかわいい!









mimori




2006年11月19日
一日中雨


整体の先生に足を診てもらったら
「あーこれは動かさないとだめだよ。このままにしていると
1年くらい腫れが引かないから。」と言われて電気をあてられたり、
治療してもらう。いつもちゃんと説明をしてくれて、納得!
なので、ちょっと痛くてもガマン。
じん帯って切れちゃうと自力ではつながらないことも教えてもらう。
ほんとうに知らないことばかり。今回の捻挫は。

その後ツノちゃんのスタジオ、リンキィへ。
おみやげに持って行った"黒船"っていうお店の
カステラがおいしくて、てのひらくらいの小箱だけど
ふたりですっかりたいらげた。これはヒット!
甘すぎずふかふかで、懐かしい卵の味のするカステラ。
それにしてもツノちゃんの友情には、いつも感謝。





mimori




2006年11月17日
晴れ


ゴンチチの三上さんがレコーディングされている
スタジオへ。イカちゃんにも久しぶりに会った。
内容はまだ内緒にしたいのですが、今日録られたものが
どんなふうに仕上がるのかとても楽しみ。
ゆったりとしたいい雰囲気のなか、
ここちよい刺激もいっぱい!




できたてのソラミミの会報を手にする三上さん&ミモ。






mimori




2006年11月15日
晴れ


ひきつづき病院へ。
「だいぶ腫れも引いてきましたね」と言われた後、
「でもあなたが思っているほど軽くはなかったからね」
とまた言われ、だからくれぐれも気をつけて、と
念を押されているような気がしました。

dear mimoriのほうにお見舞いメールをいただいた方々
ありがとうございます。しっかり治します!
それからこれをいつも見てくれてる友達からも
どうなの?メールが届いたり、叱咤激励されました。。。

今日の夕焼けはすごくきれいだったー。
オレンジ色の夕陽を浴びると体にいいって聞いたことがあるけど、
あんなにきれいなものを見たら、細胞も喜ぶと思う。
それで元気になるのかしら。

これは夕焼け直前の空。ふつうの雲もきれい。









mimori




2006年11月8日
秋晴れ


学生のときからの友人に捻挫したことをメールしたら
"え?医者行ってないの?まさかね?行ってよね。"
とすごまれ、こういう症状ならばこれこれこうした
ほうがいい、とくわしく返事が返ってきた。なんで
こんなにくわしいの?っていうくらい的確で簡潔な文章。
大学で教えているので、説明がほんとに上手。さすが。
でもそれを読んでいたらだんだんコワくなってきて
今日、病院に行ってみた。

捻挫したての頃、薬局に湿布を買いに行ったら、
お店のおじさんに"捻挫したの?あーー。お医者さん行った?
治りにくいからねー捻挫は"からはじまり、思い返せばいろんな
人たちからご意見はいただいていた。
でもなんとなく、おとなしくしていれば治るのかな、と
のんきに思ってた。







今日は秋晴れのお天気だったから、病院もなんとなく
明るい雰囲気。
先生は、噺家さんみたいないいかんじで、ほっとしつつ
看てもらうと、
「んー、これは自分で思ってるよりもひどいよ」
としょっぱなから言われてびっくり!
「えーっ!?」
いろいろ調べてもらって話しをしていたら最終的に、
「われわれからすると、これは重症ですね」
と言われた。
そ、そんなことを言われるとは思ってもみなかったので
病院から出て来て、眩しい通りを歩いていたら、頭が
からっぽになってしまった。

朦朧とした意識のまま友達たちと合流し、お昼の中華ランチを
しっかり食べたら、なんだかあっという間に元気になった。
お腹が空いていただけ?

それにしても、持つべきものはいい友達。
メールをくれた友達は大学のときから,わたしがピンチの時に
いつも助けてくれる。
そして今日もまた救われた。ありがとう。
病院に行ってよかった。









mimori




2006年11月7日
大風


靴を3足頼んだ。
ブルー、ベージュ、金色のを。

春頃届く予定。。。
ワクワク。。。
来年の春の準備。




mimori




2006年11月4日
晴れ


ソラミミの集いが終わってほっとしたのか、
次の日、足をくじいてしまった。。。
急に安心しちゃだめですね。
湿布のおかげで腫れはだいぶひいてきた。







花のまわりがまぶしい!
ホワイトプリンセスが咲いた!
ジャスミンの仲間で、ほのかにいい香り。
タイのチェンマイのホテルのロビーと、
パラオのホテルの庭を同時に思い出した。
たぶん両方ともジャスミンが置いてあったんだと思う。
タイのほうは、ロビーの向こう側に田んぼが広がっていて、
波のように揺れる稲を見ながらのんびりプールに入った。
パラオは友達たちとわいわい無人島に遊びに行ったりした
ワイルドな旅だった。
ぜんぜん違うのに。

もうすっかり秋の、日本の庭でギャップを楽しむ。




mimori




2006年10月28日
晴れ


今日はソラミミ倶楽部のスペシャル・イベントの日でした。
マチネとソワレの2回公演。
みんな集まってくれてありがとう!
西海さん、寺田君、タキコさん、スタッフのみんなもありがとう。







映像やクイズ、リクエストのライブなど盛りだくさんでお届け
しましたが、いかがでしたか?







いつもよりもみんなとやりとりができて、リクエストは
歌う前にそれぞれの"思い" をより近くで感じられたような気がします。
久しぶりに歌った歌も、たくさんありましたね。







ゲストの寺田君は、マチネは袴、ソワレはスーツで盛り上げて
くれたし、やっぱりわたしは寺田君がいるとそれだけで和んで
しまうな。

ペンギンのようなモニターもかわいい。

お天気のいい秋の一日。
今年の集いはとてもいいかんじで、
記憶に残るイベントになりました。








mimori




2006年10月23日



西海さんとリハーサル。

ソラミミ倶楽部のスペシャル・イベントももうすぐですね。
今日は打ち合わせもあって、着々と準備中!

急に寒くなったりしているので、風邪など引かないように!
土曜日に東京FMホールでお会いしましょう!




mimori




2006年10月12日
晴れ


夕陽が沈んだ後の空も、好きだな。








何人かの人から、聞きましたよ!っていう話しをされたり
メールをもらったりしていましたが、
ゴンチチのラジオ番組“世界の快適音楽セレクション”
(毎週土曜日・NHK-FMで19時20分からです)の
「喫茶 謎」というコーナーのテーマ曲で、ひとことふたこと
つぶやいています。
ゆらめく曲はくじらのキオトさん。
ゴンザレス三上さんから声をかけてもらって
ひそかにおじゃましています。




mimori




2006年10月10日
晴れ


松岡君とリハーサル。

その後お食事会へ。
生まれてはじめてスッポンを食べました!
スッポンていうと、かなりハードなイメージだけど
懐石料理のなかのお吸い物と雑炊でさらりと。
きれいな女将さんが“女性に人気なんですよ”
と言っていたけど、お箸でさわるとたしかに
ぷるぷるコラーゲン!ていうかんじでした。
すきとおるあっさりしたおだしが染み渡る!






これはそう見えないけど、スッポンが実は入っているお雑炊。



明日の朝はつるつる??なのか!??




mimori




2006年10月7日
晴れ


夢だったのだろうかー。
キュッ!(頬をつねる音)
あまりいたくない。。。

と、と、栃東関とお話しました!







こんなことがあるなんて、人生ってすてき。。。
先月お相撲を見に行ったばかりで、今回"社会福祉大相撲"の
国技館のステージで歌わせていただきました。

土俵前の貴重な時間、栃東関はどんな質問にもゆったり答えて
くださって、とても自然なやさしい雰囲気にまたファンになってしまった。
初めてお会いしてあっという間に時が過ぎ、後でメモを見て
"あーこれも聞きたかった!"と思いながらも、清々しい気分。





クロのシングルを手にほほえむ栃東関。
わたしは大関からプレゼントをいただいてほくほく開けているところ。








お相撲のゲスト解説にデーモン小暮閣下。司会ははなわさんと
石井希和さん。
取り組みの後に、歌のステージがあって高見盛関が登場。
歌うたびにどんどん声が出てきて伸びやかでした。
わたしは"クロ"と"川"を歌いました。
国技館で歌えるなんて、なんてしあわせなんだろう。

歌の後、杉山兄弟のシャボン玉のコーナーで琴欧州関とシャボン玉で
対戦しましたー。やっぱり大関つよい!











このシャボン玉の液は、杉山兄弟が研究して目に入っても
いたくないようになっていたり、立派なシャボン玉が
できるように作られたもの。
本番前にご兄弟に手ほどきいただいて、もともとシャボン玉好き
でもあるし、とりこになりました!
大きなシャボン玉に息を吹きかけるとその中にも小さなシャボン玉が
いくつもできたりするんですよ。
すごいです、杉山兄弟。

なにしろ今日お話ししていて思ったのは、栃東関も高見盛関も
琴欧州関も、デーモンさんもはなわさんも石井さんも杉山兄弟さんも、
まなざしがあたたかだった。
お相撲つながりのうれしかったこと。







なんていい一日!




mimori




2006年10月6日
大雨 台風!


ソラミミ倶楽部のスペシャル・イベントにたくさんの
リクエスト、ありがとうございます!
お一人一曲で、ということでしたので、じっくり考えて選曲して
もらったのが文字から伝わってきます。

デビューして、かれこれ?年。
持ち歌(?でいいのかしら?)も、何百曲となり
"あーそうそう、その曲!やってないなー選んでくれてうれしいな”
と気づかされる曲たちもありました。
当日はみんなの思いを胸に歌いたいと思います。

楽しい会になるように、スタッフともろもろ準備の真っ最中!
どうぞお楽しみに!
わたしも楽しみ!




mimori




2006年9月28日
晴れ


稲垣さんのラジオに、ゲストに呼んでいただいて
おしゃべり。小さな頃、実はご近所さんだったから
夕方によく自転車であらわれた紙芝居のおじさんのはなしを
微かな記憶と稲垣さんの記憶とを照らし合わせながら
話した。おじさんの引き出しにやけに色のついたお菓子が
入っていたこととか。夕暮れ時の薄暗いかんじとか。

その後、クラシックのコンサートへ。
上等な響き。
しとしと雨が土に染み込むような
耳に無理のない音量。

一音を響かせる、そんなようなことに
思いを巡らす。




mimori




2006年9月20日
晴れ


谷山浩子さんのコンサートへ。
とてもオリジナルなコンサートで、すばらしかった!
会場の真ん中にステージがあって、四方が客席になって
いたのだけど、お辞儀のときかならずくるりと一回転で
4回されていて、それが軽やか&愛らしい!!
谷山さんのうれしい気持ちが伝わってくるようなお辞儀。

”不思議なアリス”を聞いていたら、忘れていたなにか
気分のようなものが風船みたいに浮かんだ。

アンコールで谷山さんが作詞を、ミチルさん(大島)が
作曲をされた静岡の袋井市の歌を歌われた。
サビをみんなで練習したりして、全員合唱。
ここは新宿じゃないみたいだった。
”ふくろい〜ここがふるさと、わたしたちのーま〜ち〜”
そのフレーズが今もずっと鳴ってる。。。




mimori




2006年9月16日
晴れ


うろこ雲がきれい。
もう秋空ですね。







今日はお相撲を見に国技館へ。
栃東が勝ってよかった!
ほっとした。
風圧を感じる、栃東のお相撲。
見に行ったときに応援している力士が勝ってくれると
もう、至福ー。

お相撲に行くと、フレッシュな気分というか、
お正月っぽいというのか、また新しく始めるようなそんな
気持ちになって、それが好き。




mimori




2006年9月15日
晴れ


”BS永遠の音楽 叙情歌大全集”という番組の収録でした。
そうそうたる出演者の方々とご一緒させていただいて、
今日は特別な一日になりました。

日本には美しい歌がたくさんある、とこころから思った。
小さな頃から歌ってきた好きな歌がいっぱい。
わたしは、”蘇州夜曲”をチェン・ミンさんと、そして
”花の街”を歌いました。いくつかみんなで歌った歌もあります。
チェン・ミンさんは昨日初めてお会いして、今日一日同じ時間の
なかでだんだんと近しくお話しさせてもらって楽しかった。




”蘇州夜曲”を歌った後で。


放送は10月9日(月曜日)夜8時から10時の2時間。NHK-BS2です。
ぜひ、見てね!




mimori




2006年9月14日
くもりすこーし雨


リハーサルのためNHKホールに行く。
ロビーでフルートの高桑さんに声をかけられた。
お久しぶりの高桑さんは、いつものニュートラルな
やわらかさ。”桑野さんもいるよー”と言われて、
ヴァイオリンの桑野さんともごあいさつ。
今回歌う”蘇州夜曲”のアレンジをしていただいた。
それが、とても美しく揺らめくような音達!
音楽監督と指揮をされている藤野さんは、初めてお会いしたのだけど
藤野さんも”蘇州夜曲”のアレンジをとても気に入っているようだった。
藤野さんからは歌いたいように歌ってください、合わせたりしなくていい
ということを言っていただいて、安心して大船に乗せてもらうことにした。

チェン・ミンさんとお会いする。美しいひと。
オーケストラとチェン・ミンさんの二胡との演奏のとき
高音のロング・トーンで、もう聞こえるか聞こえないかくらいの
ところで響かせる、イメージをかき立てる音がとても印象的だった。
しかもそれをさりげなく弾いていらした。とても上品でかっこいい響き。

リハが終わって戻るときに、パーカッションの梯さんが声をかけてくれた。
お元気そうだったし、お会いできてうれしかった。
またお洋服のはなしもしたいなぁ。

明日の本番、いい日になりますように!




mimori




2006年9月9日
晴れのちくもり







岩手県立美術館でのコンサートは、午後の明るい
ゆったりとしたいい雰囲気になった。
たくさんのお客さんに来ていただいて、ほんとうに
ありがとうございます。
初めての方も多かったと思います。
楽しんでもらえましたか?







くっきりと響く変幻自在の今堀君のギターと、
おおらかで伸びやかなMIYAさんのフルートの音色に彩られて
アコースティックでシンプルだけど
華やかなステージになったと思う。

よく響いたので、アカペラでマイクを
使わずに、思いつきでイタリア歌曲を歌った。
ピアノ伴奏がないと、自分の歌の間合いだけで
歌えるので、かなりのルバート具合。それも
新鮮だった。流れを楽しんだ。

あっという間の盛岡の旅。もっとゆっくりできたら
行きたいところがいろいろあった。また今度。。。
そして新幹線に乗り気分も新たに仙台へ。

定禅寺ジャズフェスティバルは初めて。
会場に近づくと、その活気を肌で感じて仙台出身としては
うれしくなった。リハーサルからもうすでにお客さんが
いっぱいで、なんとなく業務連絡などマイクを使うのが
はばかられたけど、もう時間も押し押しだったので
そのままいつもの感じで進めさせてもらった。

音楽性もそれこそ衣装も(民族衣装の人たちもいたよ)
いろんなバンドが出ていて、それぞれがそれぞれのスタイルを尊重して
いるようだった。音楽、という絆で。それはお客さんの感じからも伝わってきた。
そのなかでわたしも楽しみつつ歌った。バンドのなかで何人か、
挨拶してくれたり、ファンです、と言ってくれた女の子もいたりして、
コミュニケーションもうれしかったし、みんなお疲れさまでした。
短い時間だったけど、楽しかったな。





mimori




2006年9月8日
晴れ


岩手へ。
岩手県立美術館は、白くて天井の高く大きな建物で
窓の外には川のように水が流れているすてきなところだった。

長い長いロビーの、階段の踊り場がステージとなって、そこに
ピアノが置かれていた。きっと運ぶのが大変だっただろうな
と思った。
いいコンサートにするために、考えて行動してもらったのが
伝わってくる。その心意気に心で感謝した。

声を出してみると、ホワン。。。!と響く。
ギター&フルートもホワン、ホワン。。。!と心地よく。

ホワンホワンといえば、美術館の佐藤さんがおやつに買ってきて
くださった福田パン。ふわふわ〜、ほわほわ〜のやわらかさ。
その感触からも盛岡ののどかさというのか、感じられて。
このパンの枕で眠りたい。
れんこんのサンドイッチおいしかった。なつかしいマーガリンの香り。

今堀君とMIYAさんと波がだんだんとからみあって
いいかんじ。きらきら光る水面みたいな瞬間を楽しむ。
今回初めてお会いしたMIYAさんは、ジャズのフルーティスト。
アイリッシュ音楽も好き!っ言ってくれて、心強い。
いい出会いをありがとね、今堀君。

行ってみたかったおさかなのおいしいお店に予約を取ってもらっていた。
もうそれはそれはフレッシュで、おいしいお料理がたくさん!並んだ。
”今まで食べたなかで、一番おいしいほやだった”と中林さんが言っていたけど
わたしもそう思う。みんなで極楽。
お店のみなさんありがとう。おいしかった。明日がんばる。






これが福田パン。袋もかわいい。





黒豆きなこの福田パンと中林さん。





みんなごきげんさん。





mimori




2006年9月6日
くもりときどき雨


今堀君とMIYAさんとリハーサル。
新鮮ないい風が吹いている。








mimori




2006年9月1日
晴れ


南イタリアで夏休み。







初めてのアドリア海。
ペパーミント・ブルーでほんとにきれい。
水はけっこう冷たかった。

タキたちとも会えて、ゆっくりごはんを食べられたし
大好きな田舎町をいくつも発見!
ひゃっほー。




mimori




過去の日記を読む 2016 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2015 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2014 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2013 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2012 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2011 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2010 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2009 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2008 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2007 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2006 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2005 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2004 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2003 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2002 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |