2004年11月28日
晴れ


ツアーが終わって、晴れてる日曜日。
たくさん歌った後の、恵みの太陽というかんじ。

autumn leaf tourにいらしていただいたみなさま、
ありがとうございました。
秋の木の葉のイメージで進めてきた舞台でしたが、
紅葉してゆく彩り、そして落ち葉のあと、
最終的には、暖炉の火に当たってジワジワと
あたたまってゆく、そんな熱気に包まれたツアーとなりました。

ザリ感のあるエコーの中で歌いたくて、
今回は、エレキもたくさん弾いてもらいいました。

今は、すーっとする気持ち。

みんな、ほんとに ありがとう。

mimori




2004年11月22日
晴れ


autumn leaf tourが、昨日無事にスタートしました。
今日は、その余韻を感じながら身近な人達と
やりとりをしたり、感想のメールをいただいたり、
そのたびに、思いを巡らせていました。
次の大阪、名古屋に向けて、また私なりの
チャレンジをしてみようと思っています。

風のない穏やかな浜辺で
赤ーいきれいな夕焼けを見ました。
ふり返ると、月も見えた。
夕陽が沈む時、水平線に輪郭が掛かってからは
太陽はほんとに、“あっ!”という間に、
“えっ!?”と思っているうちに消えてゆく。
何かに吸い込まれてゆくように、加速しながらシュウ!といなくなる。
それはとてもスピーディーで、ちょっと不思議。
その様子を眺めているのが好き。

mimori




2004年11月16日
晴れ


今日は友達のところで
おいしい紅茶をいただきました。

その友達の友達が、紅茶のブレンダーをしているそうで
その人がブレンドした茶葉で、ミルクティーを作ってくれたのだけど、
なんとも、ロンドンあたりを思い出す、
独特の深みのある、ちょっとにがいような香り。

一緒に飲んでいた私の友達は
“なんか、かつおぶしに似てる・・・”
と、しきりに言っていて、おもしろかった。

向こうで飲む紅茶は、ほんとうにおいしくて
でも、買って帰ってきて日本で入れると
同じ味にはならない。
やっぱり、水かなーと思っているんだけど。
今日飲ませてもらった紅茶は、あの空港や
スタジオやホテルで飲んだずっしりと落ち着くような空気感を持っていた。

リハーサルの合い間に 少し、ほっとした ひとときでした。

mimori




2004年10月15日
秋晴れ


autumn leaf

風が木の葉の色を染めてゆくように
そんなふうに歌えたらいい。

赤、黄色、オレンジ・・・緑、青、こげ茶色・・・
グラデーションのゆるやかさを
音符にして。

ゆらゆら風に、踊る木の葉。
旅する木の葉。



踊る木の葉



今年の秋のツアースケッチ。

mimori




2004年10月11日
晴れ



ブーゲンビリア



夏が終わって
初めて咲いたブーゲンビリア。
一輪だけ。

去年小さな苗でいただいて
植木鉢に移し、少しだけ大きくなった。

もう、今年は咲かないのだろうと
思っていたら。

季節はずれのうれしいおくりもの。

mimori




2004年9月30日
台風で移りゆく空 のち 晴れ


ミーティング三昧の日。
まずは、表参道の大きな窓のカフェで外間さんと会う。
いつものように雑談からはじまり、
近況やもろもろ話しつつ、本題へ。
まだ、そこここに散らばっているアイデアを
話しながらぐぐっと引き寄せ、まとめてゆく。
このへんは、あうんの呼吸でスピーディー。
お互いにクリアにしてゆく。

話しながらも、時々、窓から見える木々の葉に
目を奪われつつ、もう秋なのだなーと思う。

ここで、パチリ。



手



外間さんの手。

ナチュラル・ハウスや桃林堂や
見ておかなくてはならないものも見て、
一気にお店に寄りつつ事務所へ。
2階で相談したり、1階で打ち合わせしたり
今日は、よく動きました。

帰り際に、スタッフの黒柳さんが肩をマッサージ
してくれて、極楽の世界だった!
もう、肩もホカホカだよ。ありがとう。

mimori




2004年9月29日
くもり 時々小雨


昨夜の満月は、とてもきれいだった。
夜の街は明るくて、いつもよりも遠くまで見渡せた。
少し、お月見しました。

今は、いろいろな準備期間といったところ。
毎日少しずつ、少しずつ作っていたら
あっという間に9月は過ぎていて、
”もう、10月!”!!
この作ってゆく過程、準備がとても貴い時間。
じっくり物事を考えられるしあわせ。



折り紙



この間、小学校3年生の女の子が作って
くれた、折り紙の花束。
なんて、かわいいの!

mimori




過去の日記を読む 2016 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2015 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2014 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2013 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2012 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2011 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2010 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2009 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2008 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2007 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2006 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2005 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2004 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2003 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |
  2002 | 春 | | 夏 | | 秋 | | 冬 |