2017.4.15 up    
  「せせらぎ」Mimori & Band !   from M

六本木で開催されたツアー初日にうかがいました。
圧巻、なのに、自然体。
心の大事な所から湧き上がる不思議な感動の正体を確かめに、
急遽、大阪公演にもうかがうことを決めました。
素晴らしく息が合った素敵なメンバーの皆さんとの豪華共演に
再び新鮮な気持ちで立ち会えますことを楽しみにしております。


     
  大丸心斎橋劇場のせせらぎ   from 善ちゃん

春のカフェミモに続き、今年二度目の大丸心斎橋劇場でした。
春のカフェミモよりパワーアップしたフルバンド編成なので
ステージもぎっしりでした。
一ヶ月間新譜せせらぎをヘビーローテーションで聴いて予習をして来ました。
一曲目、二曲目、予想通りです。
いや、曲目が予想通りだっただけで想像以上の出来です。ところが三曲目で
いきなり昔の曲に戻ります。これがまたすごくいい。ここから全く何が出てくるか
分からない、油断出来ない展開になりました。「空耳の丘」から「せせらぎ」までが
融合してしまったような感じでした。バンマスが近藤さんだったからかも知れません。
今回の未森さんの歌声を聴くと、過去のライブのDVDに
引けを取らない絶好調でとても嬉しかったです。
「夢を見た」、「天使のオルゴール」、聴けて最高でした。


     
  大切なことを見失わぬように…   from Yの夢界隈

大阪公演参加させていただきました。バンドスタイルの演奏すごかったです。
私の中で何かが目覚め、「せせらぎ」がかけがえのないアルバムになりました。
日常のせわしさに自分を見失い、周囲に満ちている声に背を向けていました。
もっと耳を傾け、心から調和すれば互いに広く、深い理解が得られたはず…。
そんな大切なことを「せせらぎ」の楽曲は私に気付かせてくれました。
この日のコンサートが導いてくれたこと、遊佐さんと同じ場所で
心が響きあえたことに感謝しています。
それから、ツアーブックありがとうございます。
素敵な写真(特に表紙が好きです)と記事が満載で「せせらぎ」の感度が
さらに上がりました。次回もお会いできることを楽しみにしています。


     
  六本木に行きました   from 9598

六本木のコンサートに行きました。未森さんはノリノリでしたね。
「窓を開けたら」のような初期の曲を「せせらぎ」に交えて、
2時間半、楽しいコンサートでした。
アンコールで未森さんが、このアルバムはここから始まりました、と「ロカ」を
歌いましたが、ケルティックな曲は「水色」から、と思っていましたし、
アイリッシュ・ハープの奏者が演奏している「momoism」の「ハープ」は先駆的なのか、
それともたまたまなのか、と思いました。
一度、吉野さんが演奏した「ハープ」を聞いてみたいものです。


     
  カリヨン♪   from ちや

未森さん、こんばんは。
「カリヨン・ダンス」をスマホに
ダウンロードしました。
弾む歌声に、元気が出ました。
〜時計の針は止まらないから〜に共感です。
これからも、こういう可愛い歌も作って
くださいね。
未森さんがいることに感謝します。
では、また。
お元気で。


     
  時のせせらぎ   from 四日市遠征協会

久しぶりにおじゃまします。
「せせらぎ」
今も聴きながら書いてます。
ふんわりとたおやかで、ほんのり暖かで、ツヤのある歌声。
そこへアイリッシュハープの音色が合わさり、透き通った彩りを奏る。
まるで、陽当たりのいい縁側で空を見上げながら、
季節の移ろい、時の流れを感じるような。
そうか、これは「時」のせせらぎ・・・。
これから何度でも「せせらぎ」を聴いて過ごすでしょう。
聴く毎に、もっとちがった感覚がジンワリと湧いてくるんでしょうね。
一滴ずつ湧き出す水のように。
その水が集まり、せせらぎが聞こえてくるのを楽しみに。



前のページへ 次のページへ